浪速区まちづくりセンター ブログ

浪速区まちづくりセンターの支援員が浪速区の町で見つけた情報を発信するブログ

災害ボランティアセンター立ち上げ訓練。

日常的にボランティアや市民活動の振興や支援を行う地域福祉の団体社会福祉協議会(通称:社協)では、災害が起こった時に被災地の社会福祉協議会(通称:社協)では、大規模な災害発生時には、災害ボランティアセンターを開設し、被災地の支援ニーズの把握・整理とともに、支援活動を希望する個人や団体の受け入れ調整やマッチング活動を行っています。 

つまり、浪速区地震や洪水などが起こった時に災害ボランティアセンターを立ち上げて、助けが必要な場所への支援を行う体制を整えます。

これは1995年(平成7年)1月17日に発生した阪神・淡路大震災の時神戸の町に137万7,300人のボランティアが全国から駆けつけたが受け付ける窓口などがなく混乱したことを発端にその後整備されました。

浪速区社協では4年前から毎年災害ボランティアセンター立ち上げ訓練に取り組んでおり、年々スムーズな運営が可能になってきています。

f:id:naniwakumachisen:20190121165602j:plain

本日はその災害ボランティアセンター立ち上げ訓練が実施されました。

f:id:naniwakumachisen:20190121170302j:plain

f:id:naniwakumachisen:20190121170249j:plain


災害時はまずは自分の身は自分で守る自助です。そしてその次に周りの方と協力し合う「共助」が大切です。その後やや状況が落ち着いてからボランティアさんが駆けつけてくれます。

皆さんも普段から災害に対する備えを自分の家だけでなく、周りも含めてかんがえましょう。

普段町会活動とか何もできなくてもいざ災害が起こった時は、最新の情報を一番よく知っているのは町会など自治組織です。

いざというときの為に、町会に加入するという考えも私はありだと思います。少なくても町会長の顔とお名前くらいは知っておいた方がいいかもしれません。

画像は浪速区の難波中南振興町会の防災訓練の様子です。自治会(町会や地域活動協議会)では防災訓練を定期的に開催しています。

もし自分のまちの町会や地域活動協議会のことを知りたいという方は浪速区まちづくりセンターにご連絡いただければ、町会長に連絡してご紹介できます。

ご興味ある方は一度ご連絡くださいませ。

浪速区まちづくりセンター:06-6649-0345

平日9:00~17:30

 

地域の資源を活用したイベントが2か所で開催。

 

1月20日に浪速地域で地域の高齢者を対象にしたお楽しみ会が開催されました。

このイベントはいつも開催されている食事サービスが1月はお休みなので、いつもと違う形のお楽しみ会という形で開催。

f:id:naniwakumachisen:20190121161343j:plain

このお弁当は昨日の仕込みから女性部がこしらえた手作り弁当だそうです。

f:id:naniwakumachisen:20190121161536j:plain

また笑いは健康に良いからどんどん笑っていただこうと余興にもゲストをお招き。

f:id:naniwakumachisen:20190121161640j:plain

皆さん大喜びでした。

f:id:naniwakumachisen:20190121161405j:plain

このイベントは地域の方の交流が目的で対象年齢も60歳以上といつもの65歳ではありません。

また地域の福祉施設スワンさんのデイルームを借りてのイベント。こういうデイサービスセンターを使っての地元民のイベントってあまりなので新鮮です。

地域と福祉施設がつながっている証拠ですね。こういう普段のつながりが地震などの有事にとても心強いと思います。

もう1件浪速区青指こども食堂にも行ってきました。

f:id:naniwakumachisen:20190121162137j:plain

f:id:naniwakumachisen:20190121163243j:plain

こちらは浪速区青少年指導員連絡協議会の方が運営するこども食堂ですが、こちらも地域の飲食店の場所で開催。

夜はお食事ができるお店をランチのない日曜日の昼間お借りしての開催です。

このように浪速区では地域の資源を活用しながら地域の方が集める場所があります。これはとてもいいことですね。この形は推奨してできるものではなく、お互いが知り合い(または物件のオーナー)だからこそできる形です。

難波八阪神社の綱引き(大阪市無形民俗文化財)

1月第三日曜日にあたる1月20日に難波八阪神社で綱引き神事がありました。難波八阪神社の綱引きの歴史は古く『摂津名所図会』に「難波村牛頭天王綱引」図というのがあり、この牛頭天王社が現在の難波八阪神社である。

毎歳正月十四日、産子の人々左右に分列して大綱を争ひ引きて、其勝方其年
福を得るといふ。

 と紹介されているこのお祭りは江戸時代中期から記録に残っているが、明治時代の前半に一時途絶えたこともあった、明治30年(1897)に再興され、現在まで続いている。

神事も少しずつ変化しており、年占の綱引が、「八岐大蛇」になり、綱の巡行範囲も変化している。

 

f:id:naniwakumachisen:20190121121901j:plain

f:id:naniwakumachisen:20190121122205j:plain

今回上記のような綱打ちは見れたのですが、予定があり、綱引き神事は見学することができませんでした。

f:id:naniwakumachisen:20190121122614j:plain

このあと、「難波の綱引きよ~いよい」と声を出しながら周辺を巡行するそうです。

綱を打つ数が108だったり、綱の端が8本であの大蛇と関連があったりと調べてみるといろいろ面白いですよ。

私はこの文化がきちんと伝えられて今も神事が行われていることに驚きました。

www.city.osaka.lg.jp

第2回浪速区ごみゼロ大作戦にたくさんのご参加ありがとうございます。

1月19日(土)第2回浪速区ごみゼロ大作戦にたくさんのご参加ありがとうございます。

今日も浪速区区役所と浪速区まちづくりセンター職員はふたを開けて見るまで参加人数がわからないこのイベントを今回は30人位?いや50人くらい来るんと違う?え?100人は集まるんとちゃうか?などしゃべりながら準備しました。

f:id:naniwakumachisen:20190119173849j:plain

そして開始20分前から参加者が少しずつお越しになり、最終的には100人を超える方がお集まりになりました。

f:id:naniwakumachisen:20190119174206j:plain

10時になり説明が始まりました。3コースに分かれることなどを説明します。

f:id:naniwakumachisen:20190119183710j:plain

今回はひとしごと館さんの知り合いの理学療法士が清掃前のストレッチ体操を

f:id:naniwakumachisen:20190119183950j:plain

そして3班に分かれて清掃活動開始!

f:id:naniwakumachisen:20190119183245j:plain

f:id:naniwakumachisen:20190119184139j:plain

中にはこんなごみも!?

f:id:naniwakumachisen:20190119184250j:plain

さらにどん!

f:id:naniwakumachisen:20190119184337j:plain

今回はマンションに住んでいる方や、お子様連れの参加も多かったです。

f:id:naniwakumachisen:20190119184529j:plain

f:id:naniwakumachisen:20190119184603j:plain

今日参加してる人からとても興味深い話を聞きました。

前からこういったことに参加すると何か気持ちが違うなーとは思っていたのですが、実は社会活動に参加することは健康にも繋がることが学会でも発表されているとか。(今日知りました^ ^;)
しかもタバコをやめるとか食事に気をつけるというようなことより大切だそう。(腑に落ちた感あり)
僕は健康のために参加したわけではないですけど、結果それにも繋がるなら皆さんにも是非参加して欲しいなと。。。

いいことを聞きました。

そして公園から区民センターの方へ掃除しながら移動します。

f:id:naniwakumachisen:20190119184714j:plain

区民センターでは手を温めるコーナーやコーヒーやフードドライブの啓発ブースなどで皆さんをお出迎え。オンテックスさん提供のスープなども

f:id:naniwakumachisen:20190119185045j:plain

しばらくはみんなでわいわい話をしてました。

f:id:naniwakumachisen:20190119185141j:plain

本日の清掃作業でこ

f:id:naniwakumachisen:20190119185239j:plain

人口の10%以上という浪速区では外国籍の方のイベント参加にも力を入れています。今回もエール学園・アーク日本語学校の留学生の方も参加

f:id:naniwakumachisen:20190119185425j:plain

第2回浪速区ごみゼロ大作戦にたくさんのご参加ありがとうございます。

f:id:naniwakumachisen:20190119185541j:plain

次回の開催は3月4日(月)10:30~より

平日ですが、日本橋で開催されるイベント前に町をきれいにしたいと思います。

そして3月23日は春休みに入っていることもあり、掃除だけない、もっと多くの人が楽しめるイベントを開催したいと思います。

f:id:naniwakumachisen:20190119185556j:plain

お楽しみに

<協賛・運営ご協力>

株式会社オンテクス、パルコープ子ども食堂フードバンク、ひとしごと館、大阪市コミュニティ協会浪速支部協議会

<参加ご協力>

アークアカデミー日本語学校NPO法人トイボックス、学校法人エール学園、株式会社ファミリーマート、株式会社扶洋、CREA/Me、三吉うどん、新世界人力車 俥天力、新世界BAR TARO、SALTVALLEY、塩草連合振興町会、立葉連合振興町会、道頓堀たこ焼き赤鬼、道頓堀を楽しく掃除する会、南海電気鉄道株式会社、日本郵便株式会社(浪速桜川郵便局、浪速稲荷郵便局、浪速日本橋東郵便局)、浪速体育厚生協会、HOME HOSTEL OSAKA、ミナミまち育てネットワーク(順不同)

 

 

 






 

1月19・20日に浪速区内でこども食堂が2か所開催されます。

敷津こども食堂わいわい

敷津地域の地域の方がが中心になって敷津こども食堂実行委員会がで結成され、今年の1月19日から敷津こども食堂“わいわい”がオープンします!

今回が初めての敷津こども食堂わいわい。少しずつ広がっていて、多くの方に利用していただきたいです。

子どもは無料大人は200円で食べれます。場所は敷津小学校横の高岸会館で開催されます。

【ちいきのみなさんへ】

■お手伝いいただけるボランティアの方を募集しています。調理補助・受付・こどもの補助など、できることを参加できるときでかまいません。

■支援金・食材の提供・食器んどの寄付も大変ありがたいです。応援をお願いいたします。

 

浪速区青指こども食堂

1月20日には海鮮ふたば屋さんで11時から15時まで浪速区青指こども食堂が開催されます。こちらも今回はカレーです。

f:id:naniwakumachisen:20190117141724j:plain

第8回の担い手の方々。浪速区青少年指導員連絡協議会Facebookより

f:id:naniwakumachisen:20190117142451j:plain

こちらは子ども無料、大人は300円です。昼11時から夕方15時まで

開催場所は海鮮ふたば屋さんになります。

 



 

「ゆるいつながり」と「おせっかい」

最近私の中に「ゆるいつながり」と「おせっかい」という2つの言葉に興味があります。

「ゆるいつながり」

本田直之の著「ゆるいつながり」では

SNSのおかげで、人と知り合うためのハードルが低くなった今、
つながり方が変化している。

「昭和的強制のつながり」から、「ゆるいつながり」の時代へ
「タテ社会」から「ヨコ社会」へ
「協調性」から「共感性」 へ
「画一的コミュニティー」から「多様なコミュニティ」へ。

重要なのは「人脈術」ではなく「つながり方」だ。

のような内容でした。これからの社会の新しいありかたではないでしょうか。

つぎに「おせっかい」ですが、この言葉はどちらかというとマイナスのイメージ。余計な世話を焼くというような意味合いを想像されると思います。

でも、本当に「おせっかい」はマイナスのイメージだけでしょうか。

もしかすると「おせっかい」は大惨事になることを未然に防ぐような効果もあるのではないかと思っています。人間はどうしても人に良く見られたいという欲求があります。

しかし、この欲求のない「おせっかい」もこの世に存在するのではないでしょうか。

 

・この土曜日にか開催される「ごみゼロ大作戦!」はそんな誰に行けと言われたわけでもない方が前回数多く参加されました。

・今日いつも「いいね!」をくださるカレーやさんにお昼を食べに行ってきました。別に店員さんとも話をしたわけでなく、いつも「いいね!」をくださるから頭の中に浮かびました。

f:id:naniwakumachisen:20190117133905j:plain

これが「おせっかい」「ゆるいつながり」なのかわかりません。別に「おせっかい」や「ゆるいつながり」にだろうが、そうでなかろうが構わないと思います。

ただ今後こういう人のつながり方がますます広がっていくのではないかと思います。

 

浪速区は人口7万人の区ですが、1年間に1万人前後が出ていかれ、また移ってこられます。この人口流入のスピードが速い浪速区では、上記のような「おせっかい」ができる精神と「ゆるいつながり」の関係も作っておくには適している地域ではないかと思っています。

 

そんな意味もあってだれでも気軽に参加できるお掃除イベントをやったらどうかと昨年から区役所さんや区民センターさんと相談してきました。

 

今回のごみゼロ大作戦でどんなつながりが生まれるのか、今から楽しみです。

 

2019年浪速区は今まで以上に変化します。これからの浪速区をみんなで想像してみませんか。

2019年あけましておめでとうございます。浪速区に出勤するようになり、週のうち半分以上は浪速区のどこかをうろうろするようになり、浪速区のことだいぶ知ることができました。

そんな中、難波を中心としてますます浪速区は変化していくことが予想されます。10年前に浪速区が今のようなインバウンドの方がたくさん訪れる町になったり、民泊がものすごい勢いでできていることなんて誰が想像したでしょうか。きっと片手で収まるくらいの人だったのではないでしょうか。

そんな難波ですが、これから10年後どんな町になっているのか考えてみるのもいいのではないでしょうか。

昨年の12月ヤマダ電機前の駐車場でボーリング調査らしきものが始まりました。

f:id:naniwakumachisen:20190110180414j:plain

今開発中のうめきたが最後の一等地など言われていますが、実はなんばのこの駐車場と南の住宅展示場などかなり広い土地が本来の目的ではない使われ方をしています。これらの土地に何かが建ったとき、難波は今とは比べ物にならないくらいのターミナルになりと思います。

f:id:naniwakumachisen:20190110181002j:plain

『大阪市難波土地区画整理事業(換地処分:平成17年7月)』

そして、難波駅から関西空港をつなぐ南海電鉄さんは2018年2月に南海グループ経営ビジョン2027 新中期経営計画「共創136計画」なるものを発表して、大規模な開発を見ることがまちづくりの上では重要で、浪速区に関係のない方でも一度ご一読されることをお勧めいたします。

f:id:naniwakumachisen:20190110181559j:plain

(引用:南海グループ経営ビジョン2027」及び新中期経営計画「共創136計画」についてより)

 

グループのビジョンの中で「グループ最大の事業拠点「なんば」が日本有数の国際観光地として成長中」とはっきりと書かれてあります。これにより沿線の人口が減少していく中で、390億円かけて6000系を8300系に置き換えるなどの2023年までに実現すると書いている。

f:id:naniwakumachisen:20190110181955j:plain

(引用:南海グループ経営ビジョン2027」及び新中期経営計画「共創136計画」についてより)

 

事業戦略では、「クレーターなんな」を創造とかいてあり、難波を拠点にグループ会社の発展を明記しています。

f:id:naniwakumachisen:20190110182429j:plain

(引用:南海グループ経営ビジョン2027」及び新中期経営計画「共創136計画」についてより)

 

さらに、道頓堀など難波よりも北だけなく、南海ターミナルビル近接ゾーンの充実と、「なんば〜新今宮・新世界」南北軸の形成を明記しています。

f:id:naniwakumachisen:20190110182802j:plain

(引用:南海グループ経営ビジョン2027」及び新中期経営計画「共創136計画」についてより)

 

などなど南海グループ経営ビジョン2027 新中期経営計画「共創136計画」は南海のグループ会社だけでなく、浪速区の将来を考えていくうえでもとても重要な資料だと思います。

この記事を読んでいただき、将来の浪速区をみんなで想像しましょう。そして、このとてつもない規模のハードが出来上がるとともに、みんなの浪速区に対する「愛」が醸成されれば、ソフト、ハードともにすばらしい町になります。

ということで、今年の浪速区まちづくりセンターは、みんなはゆるくつながって、みんなで同じゴールを意識しながら、この町を今よりも楽しくしていくきっかけを皆さんに提供したいと思います。

巻き込まれたいという方是非昨年よりはイベントを増やすので、都合が合えばご参加くださいませ。

参考にさせていただきました記事

207hd.com

記事に関する質問等お気軽にお尋ねください。06-6649-0345 平日9:00~17:30