浪速区まちづくりセンター ブログ

浪速区まちづくりセンターの支援員が浪速区の町で見つけた情報を発信するブログ

日本語学校の留学生さんとオープンガバナンスはじめました!

浪速区大阪市24区の中で1番面積が狭く、転入率と転出率が1番多い。15歳未満の割合が1番少ない、外国人の割合が1番多いのも浪速区なんです」。と話す市民協働課課長。

f:id:naniwakumachisen:20180920235938j:plain

この浪速区の現状を誰に話しているのかというとARC大阪日本語学校の留学生の皆さん。

f:id:naniwakumachisen:20180921002407j:plain

今日浪速区役所市民協働課と浪速区まちづくりセンターが浪速区の課題を外国人留学生にお話し、1週間後に聞いた課題をどうしたら解決できるのか、自分たちで考えて発表するという取り組みをやってみました。

課題のところに書いたように浪速区は外国人住民の割合が大阪市の中で1番高く、日本人と外国人の住民との交流がないために様々な問題を抱えています。この様々な問題を1つずつ課題として解決するよりも、日本人と外国人住民が交流し、顔見知りになれば、現在抱える多くの課題が解決するのではないかと考え、今年の春より種をまいてきました。

夏祭りに参加して御神輿を担がせていただき

地域の盆踊り大会に参加して交流をはかる。

新世界では地域の方に折り鶴を教えてもらいながら、折り鶴の先生になってもらって、鶴を折るワークショップを行いました。

これらのイベントの参加は、日本語を学びに来た外国の方に日本の文化・伝統を知ってもらいながら地域交流をしてもらうという取り組みでした。

これらの交流は地域の住民の方、外国人留学生の方に非常に好評で、良い感じでつながりができてきました。

そんな中本日始まったのが冒頭に書いた外国人留学生の方と浪速区役所市民協働課と浪速区まちづくりセンターの地域課題を話す取り組みです。

外国人と日本人の交流は文化や宗教その他さまざまな違いにより考え方が違います。

f:id:naniwakumachisen:20180921004523j:plain

そこで日本の習慣をどう思うのか、地震や台風はどうだったのか、災害時に何が困ったのか、その時に日本人にどうしてほしかったのかなど、浪速区の課題説明の後に質問を投げかけました。

特に大きな地震と台風の襲来を経験した今年は災害のことに関して質問など飛び交いました。

f:id:naniwakumachisen:20180921002554j:plain

市民協働課課長の浪速区の現状と2つの課題の説明とその課題に対する質疑応答を終えて、留学生の方は課題をお土産に帰って行かれました。今から持ち帰った課題をもとに外国人ならどんな解決方法を思いついたのかを発表してくださいます。

その発表が今から楽しみで仕方ありません。

 

グローバル化少子高齢化が進む社会において、行政の課題解決には市民との協働が欠かせない。欧米をはじめ日本でも、グローバルな市場経済化の動きを受けて、社会の分断が生じているといわれている。こうした社会の軋轢(あつれき)を緩和していくためにも、社会の将来を担う多様な人びとが行政に積極的に参加し、組織の枠を超えた官民連携が必要となっている。行政と市民が協働して政策課題の解決をめざすオープンガバナンスの取り組みは、新しいガバナンスの構築につながるだろう。行政と市民の情報の共有によって、両者間の新しい関わりや連携の場をどのように構築できるのか。

昨年大阪市が取り組んだチャレンジオープンガバナンスというコンテストで「オープンガバナンス」という考え方を知った。

行政に求められているのは、「透明性(transparency)」、「参加(participation)」、そして「協働(collaboration)」である。この原則の下、単に行政の情報が公開されるだけでなく、利用可能なデータとして提供されることで、市民自らが現状の分析や政策課題の提案をしていくことがポイントである。

そう、今回のこの取り組みはオープンガバナンスそのものなのである。

市民と行政の情報の共有は今までにもすでにある。区政会議や先月区役所1階で行われた「区長とかたろう」などである。

そこに新たに外国人住民と話せる機会ができたのは新しいガバナンスの構築につながると思う。そしてこの化学反応によって新しいつながりが生まれるようにこの取り組みを見守っていきたいと思います。

また大阪市の方でも今年もチャレンジ!!オープンガバナンスにエントリー中です。

f:id:naniwakumachisen:20180921005032j:plain

チャレンジ!!オープンガバナンスとは、自治体と市民や学生が協力し、データに基づいて地域の課題の解決に取り組むアイデアのコンテスト。今年は「ICTを活用して、子育て層を地域コミュニティとつなげたい」です。

 

2018年9月9日に第44回ナニワ区民祭りが開催されました

2018年9月9日13時より雨予報を反映して、第44回ナニワ区民祭りが浪速区民センターで開催されました。浪速区民センターでの開催は5年ぶりとのことです。

f:id:naniwakumachisen:20180912152452j:plain

浪速公園で開催予定が区民センターに変更になりましたので、ブースや模擬店など出店は規模を縮小しての開催となりました。

今回の区民祭りにもまちづくりセンターもいくつか関わっていて、そのうちの一つが、エコステーション(分別ゴミの促進)です。

今回もCSR活動でお手伝いいただいているMEGAドン・キホーテ新世界店さんがゴミの分別として関わってくださってました。

 

f:id:naniwakumachisen:20180912154302j:plain

子どもさんがゴミを分別するとガラガラ抽選ができるとのことで、小分けにゴミを捨てに来る子どももいました。

f:id:naniwakumachisen:20180912170708j:plain

ドンキさんありがとうございました。

f:id:naniwakumachisen:20180912171001j:plain

PTAや青少年指導員などのブースも行列ができていました。

f:id:naniwakumachisen:20180912171411j:plain

f:id:naniwakumachisen:20180912171528j:plain

今宮駅近くにあるコーナンさんも災害関連の商品紹介コーナーは、地震と台風の後なので皆さんの関心も高かったです。

f:id:naniwakumachisen:20180912171735j:plain

浪速区と都市間交流をしている土庄町、黒滝村太地町などのブースや平成30年7月豪雨の復興支援ブースもありました。

 

f:id:naniwakumachisen:20180912172203j:plain

[太地町のブース。くじらのコロや缶詰など]

その他にもいろんなブースがありました。全体的にやはり防災についての啓発が多かったように思えます。

f:id:naniwakumachisen:20180913135654j:plain

この他にもいろんなブースがあったり、ステージでは演奏などがありました。

f:id:naniwakumachisen:20180913135304j:plain

最後にくじ引き抽選会があり、くじをひくゼロスが自転車を当てたそうですが、辞退されたそうです?

f:id:naniwakumachisen:20180913135411j:plain

 

 浪速区民センターに約4500人の来場者があったそうです。お越しいただきました皆様ありがとうございました。

9月29日(土)は浪速区子ども食堂シンポジウム~地域で育む子どもの笑顔~

9月29日(土)14:00~16:00浪速区役所7回会議室にて

浪速区子ども食堂シンポジウム~地域で育む子どもの笑顔~

を開催いたします。浪速区内では地域住民や団体、企業による『子ども食堂』の取り組みが広がっています。

子育てにやさしい浪速区を目指す一助として、『子ども食堂』についてのシンポジウムを開催します。

参加は無料で、特に浪速区に在住など条件はございません。(ただし定員に達したときに浪速区の方が優先になる可能性はあると思います)

メニュー

基調講演 地域における『子ども食堂』の意義

講師:鈴木大介氏(神戸医療福祉大学

実施報告 浪速区内の『子ども食堂』活動団体

■大国地域 ■浪速地域 ■株式会社オンテックス ■ 浪速区青少年指導員連絡協議会

 申し込み方法:

電話・FAX・浪速区社会福祉協議会ホームページからお申し込みください。(9/25締め切り)

定員100名

主催:浪速区子ども食堂シンポジウム実行委員会

浪速区役所・浪速区社会福祉協議会・大国こども食堂実行委員会・浪速子ども食堂チェリー・オンテくん子ども食堂実行委員会・浪速区青少年指導員連絡協議会)

f:id:naniwakumachisen:20180912110257j:plain

 

ブルーシートの貸し出しを行っています

台風21号で被害にあわれた方にブルーシートの貸し出しを行っています。

台風21号の被害により、ブルーシートが必要な場合は、浪速区役所6階(61番窓口)市民協働課までお越しください。
一世帯2枚(1枚あたり2.7m×3.6m)まで貸し出します。
予約不要、平日午前9時~午後5時30分まで

詳しくは浪速区役所公式サイトをご覧ください。

www.city.osaka.lg.jp

台風21号による、浪速区内の被災証明(被災事実の証明)の発行

台風21号による、浪速区内の被災証明(被災事実の証明)の発行については、浪速区役所6階 市民協働課で申請受付を行っています。

www.city.osaka.lg.jp

第44回ナニワ区民まつり、浪速区民センターで開催します!!

9月9日開催の第44回ナニワ区民まつりですが、雨が降っても降らなくても、5年ぶりに区民センターでの開催となります。

f:id:naniwakumachisen:20180907201944j:plain

区民が創る一大イベント“ナニワ区民まつり”が、次の日曜日、9月9日に開催されます。 
 こどもに大人気“地球戦士ゼロス”のショーをはじめ、浪速区住みます芸人“からし蓮根”、今宮高校ダンス部など充実のステージや、各団体のPRブースなどをお楽しみに!

《 今年は雨天型開催となります 》
日時 9月9日(日)午後1時~午後4時
場所 浪速区民センター(稲荷2-4-3)

【問合せ先】
大阪市コミュニティ協会浪速区支部協議会
(06)6568-4040

※まつり情報テレホンサービス
(06)6567-6535 もご利用ください。

台風21号が去ったあと、2次災害にご注意ください。

昨日21号が通過し、1夜明けました。浪速区でも強風による被害がありました。

f:id:naniwakumachisen:20180905091540j:plain

大阪市浪速小学校日本橋中学校(おおさかしりつ なみはやしょうがっこう・にっぽんばしちゅうがっこう)では、以下のような発表がありました。
【緊急情報】台風による影響により、昨日午後より停電になりました。18時30分時点で復旧の目処が立たず、教育委員会の指示により「9月5日も臨時休業」との指示がありました。  子どもの安心安全のための措置となります。ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。なお、本日予定の学校公開は、中止とさせていただきます。

f:id:naniwakumachisen:20180905091722j:plain

台風が通過した後は、2次災害には十分お気を付けください。今回の台風では、看板や建物についている飾りがかなりのダメージを受けています。工事中の足場も倒れたりしているニュースもあるように、そのような場所には近づかないように特にお子様がいる家庭の方は注意喚起してあげてください。

記事に関する質問等お気軽にお尋ねください。06-6649-0345 平日9:00~17:30